千年こうじや


ホーム最新情報千年こうじやとは製品紹介通信販売セミナーレシピ実店舗
魚沼地方について 魚沼地方は、美しい自然が息づく魅力あふれる地。 雪深い気候風土が四季を輝かせ、多彩な恵みをもたらし、 人々の心豊かな暮らしを支えています。

about-uonuma-image-01

新潟県南部に広がる魚沼地方は、霊峰・八海山を臨む、自然に抱かれた美しい地域です。冬は背丈を超すほどの深い雪に覆われますが、春になれば雪解け水が豊富な伏流水となり、田畑を潤します。そこから生まれるのが日本一美味しいコシヒカリ。さらに、魚沼の風土は、「越後上布」などの伝統織物や淡麗な日本酒、独特の食文化も育んできました。雪の恵みともいえる美しい手業や味わい。雪国の暮らしは時に厳しさもありますが、魚沼の人々は雪をプラスにし、知恵と工夫で豊かな冬の暮らしを営んできました。農作業のできない冬は、雪のお布団が土をゆっくり眠らせてくれる。そう思いながら、春の訪れを待つのです。

陽の光が温もりを増してくると、大地はざわざわと鼓動を始め、一斉に芽吹きの時を迎えます。待ちこがれた春の到来です。雪国の春はひときわ美しく、躍動感にあふれます。野山は新緑にきらめき、次から次へと山菜が顔を出します。フキノトウ、コゴミ、ワラビ、ゼンマイ、タケノコ・・・この時季にしか味わえない大地の息吹が食卓を賑わせます。色とりどりの花の競演も始まります。淡い色が重なり、やさしい風情を奏でる雪国の春。長い冬を過ごしたからこそ心が躍る、歓びに満ちた季節です。

about-uonuma-image-03

日に日に緑が深まり、魚沼盆地は蒸し暑い夏を迎えます。清流・魚野川では、アユやイワナなどの魚たちが銀鱗をきらめかせます。魚がたくさん棲むところ、という「魚沼」の地名は、そんなところから付いたのかもしれません。畑ではたっぷりの陽を浴びて、野菜がぐんぐん育ちます。真っ赤な神楽南蛮、つやつやとした巾着なすなどの伝統野菜やさまざまな夏野菜がたわわに実り、冬に備えた保存食づくりも忙しくなります。

about-uonuma-image-04

空が澄み、秋風が吹き始めると、大地は黄金色に染まり、いよいよ美味しいお米の収穫です。秋の訪れとともに、山頂から赤や黄色に色づき始め、山々は美しく粧いを変えていきます。錦繍に染まるあでやかな姿。燃え立つ風情が心に染み入ります。秋の恵みは豊富なきのこや秋野菜。収穫の喜びに沸いた後は、ひと雨ごとに寒さが深まり、冬が駆け足でやってきます。やがて雪が舞い降りて、魚沼の地は真っ白な銀世界に。しんしんと降り積む深い雪が、大地を再び静かに眠らせます。

about-uonuma-image-05

   
   

 


preload preload preload
| ホーム | 最新情報 | 千年こうじやとは | 製品紹介 | 通信販売 | レシピ検索 | 実店舗 |
Copyright 2013 Sennenkoujiya All rights reserved.